一般企業の40代薬剤師求人

40代薬剤師求人TOP >> 職場別 >> 一般企業の40代薬剤師求人

一般企業の40代薬剤師求人

一般企業で働く薬剤師のことを企業薬剤師と言います。薬剤師というと、薬を処方する調剤薬局で働くイメージが強い仕事ではあるのですが、薬剤師の資格を活かして働ける場所はまだまだ他にもあります。企業薬剤師というのは、実は薬剤師の就職は、医療機関の次に多いのがこの一般企業への企業薬剤師としての就職なのです。2割程度と、意外と多い割合を占めているのがわかるでしょう。

一体どんな仕事をするのかというと、管理薬剤師として勤務できることが多いです。例えば、試薬を使用している会社でその薬を管理する仕事だったり、医薬品の在庫がある企業にも管理薬剤師が必要なので、その管理をすることなどです。一般企業で薬剤師が資格を活かして働くとなると、かなり選択肢は狭くなってしまうのが実際のところです。

それ以外に薬剤師の資格が有利に働く仕事内容としては、治験コーディネーターというような治験を行う施設で治験を受ける患者さんに内容を説明したり、円滑に治験を進めていくために患者と直接コミュニケーションを取り合う役目があります。また、臨床開発モニターというような、臨床開発がしっかり正しく進められているかどうか、計画書をみながらチェックもします。また薬の管理まで行う仕事もあります。

これらの職種に就くには、ある程度薬剤師としてのキャリアは必要になります。できるだけこれから成長していくような若い薬剤師を育てたいという職場と、最初からある程度知識があるほうがありがたいというところと、職種や募集している場所によって本当に違います。一般企業の場合は、あまりに若くてキャリアがないと採用確率はぐんと低くなります。というのも、募集人数自体が少ないのと、少ない人数の薬剤師で業務を行うことが必要なため、知識が浅い薬剤師だとあまり意味がないからです。

指導する薬剤師を受け入れる余裕もないため、的確に仕事をこなせる人が好まれるからではないでしょうか。それを考えてみると、40代は一番のチャンスが来ています。経験も豊富になってきているときで、一番転職も考えやすくなります。このように一般企業などでは少ない人数の採用を考えているため、40代まで薬剤師として頑張ってきた人が好まれる傾向にあります。即戦力を求めている一般企業がほとんどなので、絶好の転職時期となるでしょう。元々少ない求人なので、専用の求人サイトをこまめにチェックしながら、一般企業で働ける薬剤師として転職をしましょう。

40代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職40代.jp【40代大歓迎の求人サイト】 All Rights Reserved.