土日休みの40代薬剤師の求人

40代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 土日休みの40代薬剤師の求人

土日休みの40代薬剤師の求人

薬剤師はあらゆる職場で活躍しているため、土日に休みを取るのが難しい職場も少なくありません。土日はしっかり体を休めたいという薬剤師や家族や子供との時間にあてたいと思うママさん薬剤師は、転職先の勤務パターンをよく確認しておくことが大切です。

正社員の薬剤師として働き、土日休みを希望する場合は製薬会社など一般企業に転職することが確実な方法です。薬剤師というよりもサラリーマンとして働いている部分も多いので、週休2日制で働くことが可能です。現在でも製薬会社などで働いているならば、同職種間での転職になるのでそれほど難しくはありません。しかし40代の薬剤師が薬局やドラックストアから製薬会社への転職はかなりの狭き門となります。求人案件数が少ないため、応募が殺到する状況です。

40代の転職先として最も多いのは調剤薬局です。調剤薬局ではその店舗によって休日が変則的であることが多いため、土日に休み取得が可能かを確認しなければいけません。国立病院や公立病院の場合は土日診療がないため、隣接する門前薬局も休みになるパターンがあります。最近は殆どの総合病院やクリニックは土曜日も診療をしているため、半日勤務などになる可能性が高くなります。調剤薬局であれば、国公立病院周辺の門前薬局が狙い目になります。

ドラックストアは年中無休24時間営業が多いため、土日祝日も関係なく勤務することになります。正社員であれば、毎週土日に休むことはほぼ不可能でしょう。基本は社員が交代制で休日を取ることになります。パート勤務であれば、従業員はいますが薬剤師の数には限りがあるためやはり土日を固定で休日を取得するのは難しいようです。もし店舗に十分な数の薬剤師が勤務していて、折り合いがつくならば土日休みにシフトで勤務が可能かもしれません。

完全週休2日制で勤務することができれば、色々な予定も組みやすいですし一定のパターンで仕事をすることになるので体にも負担をかけずにすみます。一方で金融機関などの平日にしか済ませられない様々な用事は、なかなか済ませることができません。

実際に転職してみないと、希望する曜日の休日を取得できるかは定かではありません。それでも求人欄に、完全週休2日制やリフレッシュ休暇などを設けている職場では、社員の休日取得に前向きに考えてくれる傾向があります。毎週の土日休みが必須の場合は、面接時にその旨を伝えておくことで考慮される場合もあります。

40代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職40代.jp【40代大歓迎の求人サイト】 All Rights Reserved.