40代のペーパー薬剤師の転職なら

40代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 40代のペーパー薬剤師の転職なら

40代のペーパー薬剤師の転職なら

ペーパー薬剤師とは薬剤師免許をもっているものの、何らかの理由で薬剤師の仕事を辞めることや、結婚や出産などで医療現場から離れている薬剤師も多くいます。40代であれば、女性薬剤師のなかに多くいるかもしれません。

長年のブランクがあるため、仕事復帰したとしても以前と同じように業務が可能だろうかと多くのペーパー薬剤師が不安に感じています。確かに医学や薬学に関しては常に最新の研究結果や発表があるため、進歩を続けている分野です。ブランクを取り戻すためには本人のやる気と努力も必要です。

ペーパー薬剤師におすすめできる職場としては、大手調剤薬局チェーンでの仕事です。大手企業は研修体制がしっかりと整っているため、ブランクがある場合や実務経験がなくても安心して仕事を再開することができます。給料面では多少妥協する必要が出てきますが、雇用側としても他の企業や病院などの独自の方法や考え方で染まっていない未経験者を好む場合もあります。研修プログラムをしっかりと受講して、仕事内容を覚える努力ができれば必要以上に心配する必要はありません。

40代になってまた新しい事を勉強したり、覚えたりするのは大変と感じるならば、調剤業務や薬歴管理などを必要としない薬剤師の求人情報も多くあります。ドラックストアでの勤務の場合、パート勤務であっても薬剤師免許があるので一般のパートさんよりも高時給で働くことができます。企業や地域にもよりますが、通常はパート勤務で時給約900円程度ですが、パート薬剤師の時給は約2000円程度になります。業務内容はOTC販売といい、一般用医薬品の服薬指導をお客さんにすることなどです。他にも商品管理やレジ打ちなどの一般業務もこなす必要があります。薬剤師としての専門的な知識も必要とされますが、それ以上にお客さんとのコミュニケーション能力が必要とされる職場となります。

勤務先にこだわりがないのであれば、物流センターや倉庫内での管理薬剤師として働くこともできます。管理薬剤師なので前職での一定期間の実務経験が必要になりますが、業務内容は倉庫内にありドラックストアなどに発送前の医薬品や化粧品の在庫管理などになります。調剤業務などがないため、仕事内容は薬剤師としての特色は殆どありません。企業によっては年収500万円以上も可能になるので、ペーパー薬剤師にとっては好条件での職場ともなりそうです。

人手不足が続く薬剤師なので、40代ペーパー薬剤師であっても転職先は十分にあります。

40代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職40代.jp【40代大歓迎の求人サイト】 All Rights Reserved.