40代薬剤師の店長としての転職なら

40代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 40代薬剤師の店長としての転職なら

40代薬剤師の店長としての転職なら

薬剤師の仕事をする場所は薬が関係するところならどこでもあるので、かなり多岐に渡っています。生活の中で身近にあるドラッグストアでも、薬剤師は活躍することができます。この場合、ドラッグストア全体を管理する仕事になり、薬剤師としての実力以外に、コミュニケーション力や人をまとめる力なども必要になるでしょう。

まずはドラッグストアで正社員として働き始めて、そこから店長へ昇進するというパターンが、主な店長への道のりです。それ以外に、転職でも店長職として募集をしている求人へ応募し、採用されて店長になることもできます。普通に正社員として頑張って店長へ昇進というのが流れとしては一番スムーズではありますが、そうはうまく行かないときもあります。40代ぐらいに差し掛かって店長として頑張って行きたいというときには、転職を考えてもいいでしょう。

ドラッグストアでの店長職の募集というのは、想像している以上にたくさん出ています。なぜかというと、ドラッグストアでは薬剤師が常に不足をしているからです。調剤薬局や病院などで働きたいという薬剤師のほうが実は多く、ドラッグストアの社員で頑張っていきたいという人が少ないのが現実なのです。とはいえ、ドラッグストアの薬剤師という仕事が決してよくないわけではありません。地域に密着をして、地域の人たちの健康をサポートすることができるでしょう。市販の薬を買い求める人にとって、店頭に並んでいるものでどれがいいのか、頼りになるのはドラッグストアにいる薬剤師だけです。ドラッグストアで店長として勤めた先には、エリアマネジャーなどの仕事まで待っています。上を目指していける環境といえるでしょう。

店長職というのも結構なお給料が望めます。40代でドラッグストア店長であれば、年収700万円程度は可能です。そう考えると、転職をする価値のある仕事ではないでしょうか。ドラッグストアの店長職を転職で目指すなら、転職サイトで探してみると見つかりやすいです。薬剤師が不足している業界では、転職組はとても歓迎されます。

ある程度キャリアを積んできた40代なら尚更、店長として迎え入れてくれる可能性も高まるでしょう。今まで違う環境で薬剤師として働いてきた人でも、資格があれば今まで経験したことがないような職場でも自分の力を発揮することができますし、ドラッグストアの薬剤師というのは医師に指示された薬を処方するというだけではなく、お客様の悩みや症状を聞いて合う薬を探すという、また違ったやりがいを感じられる場所でもあります。

40代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職40代.jp【40代大歓迎の求人サイト】 All Rights Reserved.