40代男性の薬剤師の転職について

40代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 40代男性の薬剤師の転職について

40代男性の薬剤師の転職について

40代での転職は一般企業などに勤めるサラリーマンにとっては、門戸が狭まり難しい時期となります。薬剤師にとっても30代で転職するパターンが多くみられますが、40代での転職も決して難しくはありません。

40代男性の場合、仕事でバリバリ頑張りたいと考える薬剤師と、家庭や子供のことを考えて転職を希望する薬剤師とがいるでしょう。実務経験もあり即戦力となれる40代薬剤師の場合、転職先をえり好みしなければ薬剤師としての資格を活用して転職することができます。

もし現段階で病院や企業で働いている薬剤師であれば同業種への転職も可能です。認定薬剤師の資格などをもっているならば有利に転職先を選定することもできます。しかし、これまで病院や企業での実務経験がない場合は転職することが非常に難しいと考えられます。基本的に新卒薬剤師を採用する傾向があるため、病院や企業に転職するためには経験やプラスαになる資格などが必要になるでしょう。

そのため、40代男性薬剤師の転職先としては調剤薬局を選ぶパターンが多いです。未経験であっても転職は可能な職場でもありますし、これまでに実務経験があるならば転職を機に管理薬剤師として勤務するチャンスともなります。調剤薬局もその規模によって業務内容や忙しさなども異なるため、自分の転職理由をよく考えることが大切です。個人経営規模の門前薬局であれば、取り扱っている薬の種類もそれほど多くはありませんし、残業なども殆どありません。仕事だけではなくプライベートの時間などを取り分けたいと考えて転職を考える場合には良い条件といえます。自分のスキルや専門性をさらに深めたいと考えているならば、大手調剤薬局に転職を希望することもできます。

同じようにドラックストアも40代男性薬剤師が転職しやすい職場となっています。調剤薬局に比べると収入面ではかなり高くなり、平均年収は約700万円程度になります。しかしそれに伴って勤務時間が長時間であったり、様々な人間関係があったりと体力的にも精神的にも負担になる要素は幾つかあります。体力に自信がある方やコミュニケーション能力を培っている薬剤師であれば、これまで以上に活躍することができる職場環境といえます。

40代での転職の場合、失敗は何としても避けたいところです。それで転職先の業務内容や人間関係など、収入面以外の面にも目を向けて自分の希望にかなっているか検討してみることが成功につながる大切なプロセスになります。

40代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職40代.jp【40代大歓迎の求人サイト】 All Rights Reserved.