40代薬剤師のマネジャーとしての転職なら

40代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 40代薬剤師のマネジャーとしての転職なら

40代薬剤師のマネジャーとしての転職なら

薬剤師の中に、マネジャーと呼ばれるポジションの仕事があります。薬剤師のマネジャーの仕事内容は、どこで仕事をするのかによって異なります。薬剤師が活躍できる場所はたくさんあるので、病院なのか、調剤薬局なのか、製薬会社なのか。それによっても変わってきますが、調剤薬局で薬剤師として働き、その後マネジャー職へ…という仕組みが一番パターンとしては多いでしょう。

調剤薬局では何名もの薬剤師が働いています。そして同じ系列の調剤薬局でさらに薬剤師の数は増えるでしょう。その何店舗かの薬剤師をまとめる役としてエリアマネジャーという存在があります。管理薬剤師というのはその調剤薬局の中でも管理役。そしてその上に薬局長というその調剤薬局をまとめる役がいます。その更に上が、何店舗かをまとめるエリアマネジャーなのです。仕事内容に関しては、まずは働く薬剤師の管理、そしてお店の管理も行います。自分が受け持つエリアの調剤薬局を巡り、何か問題がないかどうかを常に目を光らせます。そして薬剤師の勤務表などを作るのもマネジャーの仕事になっていることが多いです。そういった職場をきちんと自分の目で見て、いい環境でみんなが働けるようにと工夫するのが仕事の特色といえるでしょう。

エリアマネジャーとなると、薬剤師として直接処方などに関わることはぐんと少なくなります。患者さんにというよりは、働く薬剤師に色々と指導をする役目を担うからです。通常は職場で薬剤師として働きながら上を目指すのですが、それがうまくいくとは限りません。すでにエリアマネジャーがいて、ずっとそのまま続けていきそうな場合は、自分が入る隙が無い可能性だってあるでしょう。そうなると、今いる職場では上を目指していけない、ということになります。

そこで考えるのが転職です。新卒でいきなり薬剤師の中でエリアマネジャーとして採用されることはほとんどありませんが、40代ごろの経歴を積んできた人であれば、入社時にすぐにエリアマネジャーとして働き始めることも可能です。エリアマネジャー職に限定して募集をしているところも多いので、薬剤師の転職サイトでチェックしてみてください。

そういった上を目指したいと考える人の転職を応援してくれるサイトでは、一度にたくさんの求人が見られるのでとっても便利です。上を目指せば目指すほどに同時に収入も上がります。元々薬剤師は収入が高めですが、エリアマネジャーともなると、ぐんとアップします。そういう意味でも薬剤師はとてもやりがいのある仕事です。

40代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職40代.jp【40代大歓迎の求人サイト】 All Rights Reserved.