40代薬剤師の経験が重宝される職場は?

40代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 40代薬剤師の経験が重宝される職場は?

40代薬剤師の経験が重宝される職場は?

20代での転職は「若さ」をアピールして転職することができます。30代ではそれまで得た知識や技術などを使って「即戦力」となる転職が可能です。40代になると「即戦力」に加えて「豊富な経験」が強みとなり転職先でも重宝されるケースが多くあります。

職場によっては少人数で多くの業務をこなさなければなりません。例えば病院薬剤師や調剤薬局などに転職を考える場合は、これまでの経験と知識が非常に大切です。新卒薬剤師を採用する傾向にある病院ですが、これまで病院薬剤師として働いた実務経験があるならば転職も不可能ではありません。病院側からも一から全てを教育する必要がないため、重宝されます。

調剤薬局などでは指導する立場で勤務することが可能かもしれません。その際に認定実務実習指導薬剤師の認定資格をもっているならば、より一層転職に有利になり転職先でも重宝されると考えられます。認定実務実習指導薬剤師とは、医療現場での実務実習の際に指導に当たることができる認定薬剤師です。調剤薬局や病院などでは医学生を受け入れて実習する場合があります。その際にこの認定資格を十分に活用することができます。

上述したように、経験と即戦力は40代薬剤師にとって強みとなりますが、加えて「認定資格」があるならば更に有利になります。認定実務実習指導薬剤師もその一つです。他にも今後の医療現場で重宝されると思われる認定資格としては在宅医療や高齢者医療に関わる資格があります。調剤薬局にはこうした医療に積極的に取り組んでいる所も多いため、既に認定薬剤師として活躍した経験があれば転職時に優遇されることもあるかもしれません。

女性薬剤師であれば、家事や育児が一段落して職場復帰を考えるのも40代かもしれません。休職前の勤務先にもよりますが、薬剤師としての経験を活かすことができます。調剤薬局であれば、短時間から勤務可能であり休日も取りやすく家事や育児との両立をめざす女性薬剤師にとっては働きやすい職場かもしれません。小規模程度の調剤薬局であれば、それまで勤務していた経験は重宝されるでしょう。ブランクがあっても受け入れ可能であったり、まだ子供が小さければ託児所などもある調剤薬局の求人を探すことができます。

勿論、薬剤師としての実務経験も重宝されますが、最近は薬剤師の専門性が注目されています。それで早い段階で認定資格を取得することができれば、認定薬剤師としての経験を積み一層活躍できる幅が広がります。

40代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職40代.jp【40代大歓迎の求人サイト】 All Rights Reserved.